プチプラ美白美容液というものが流行っています。プチプラというのはプチプライスの略で「安い」ってことなんですが、高級なイメージのある美白美容液が安かったら嬉しいですよね。

そこで3000円以下で購入できるプチプラな美白美容液について調べてみました。

美白美容液とは

美白美容液というのは、美白有効成分が配合された美容液で、アルブチンやセラミド、コラーゲンやプラセンタなどの効果でターンオーバーを促進したりして美白効果を得ながら保湿をするというコスメです。

プラセンタやコラーゲンなどは高級な成分で、一般的には美白美容液は高価なものが多いです。

ハーバー薬用ホワイトレディ

ハーバー薬用ホワイトレディ

1,500円ほどで販売されているプチプラ美白美容液です。といっても10mlしか入っていないのでコスパを考えると微妙ですが。

ビタミンc誘導体の働きでメラニンの生成を抑制し、紫外線によるシミやそばかすなどを予防してくれます。

贅沢プラセンタのもっちり白肌美容水

贅沢プラセンタのもっちり白肌美容水

1,000円前後で販売されているプチプラ美容水で、ローションタイプなのでたっぷりと潤沢に使えます。無添加で国産プラセンタを配合しているので敏感肌の人にも安心です。

ダイレクトホワイト美白美容液

ダイレクトホワイト美白美容液

1,400円前後で売られているプチプラな美白美容液です。即効性のあるビタミンC誘導体(エチルアスコルビン酸)が配合されており、ウォータータイプで伸びがよく、角層に浸透しやすいのが特徴です。

ヒアロチャージ薬用ホワイトエッセンス

ヒアロチャージ薬用ホワイトエッセンス

1,200円前後で販売されているプチプラ美白美容液です。有効成分にヒアルロン酸とビタミンc誘導体(L-アスコルビン酸2-グルコシド)が配合されています。美白効果だけでなく、保湿効果も高く、透明感のある肌に導いてくれます。

肌研(ハダラボ)白潤 薬用美白化粧水(しっとりタイプ)

肌研(ハダラボ)白潤 薬用美白化粧水(しっとりタイプ)

800円前後で販売されている肌研のプチプラ美白化粧水です。プチプラコスメでお馴染みの肌研ですが、有効成分に高純度のアルブチンを配合しているので、シミやそばかすを防いでくれます。美白美容液ではないですが、有名なので紹介しました。

DHC濃縮V/Cパウダー

DHC濃縮V/Cパウダー

1,600円前後で売られているプチプラ美白パウダーです。美容液ではなくさらさらのパウダー状にした新しいタイプの美白コスメです。

ナノ化することで高濃度の美容成分を配合できるようになり、リキッドタイプの美白美容液より効果が期待できるようです。

アクアレーベル アクネケア&美白水

アクアレーベル アクネケア&美白水

1,500円ほどで販売されているアクアレーベル美白水。ニキビを予防するグリチルリチン酸塩でアクネ菌の殺菌をしながら、ビタミンC誘導体で肌の白さを保ちます。

ちふれ美白美容液VC

ちふれ美白美容液VC

864円前後で販売されているプチプラ美白美容液ですが30mlと内容量は少なめです。

安定型ビタミンC誘導体が高配合されており、高い美白効果が期待できます。サラッとのびて、肌のみずみずしさも保ちます。

プチプラはあくまでお試し程度

プチプラの美白美容液はいろいろありますが、安いのには理由があるということも考えておかなければいけません。

本当に効果がある美白美容液はやはり高価でも売れているし、口コミでも評判が高いです。

だからといってプチプラが効かないということではなく、効果があればラッキーというくらいの心構えで使っていくのがいいと思います。

逆にプチプラの美白美容液で効果があれば、高濃度の有効成分が入った高級美容液はさらに効果があるかもしれませんしね。